「人間の可能性を信じる」という伝統

「人間の可能性を信じる」という伝統

人間が内に秘めた能力

マツダの行いはすべてが「人の手で、人のために」というひとつのシンプルな概念が基本。世の中が「運転」の全体像から「人間」の要素を排除しつつあるなか、マツダは「人間中心のクルマづくり」をしています。マツダのストーリーには、匠たちがクルマづくりの過程に投じたエネルギー、命、情熱が表れています。そのエネルギー、命、情熱は、ハンドルを握ると実感できます。マツダが目指すのは、ドライバーの心に訴え、インスピレーションとなること。そして気持ちを高め、エネルギーを吹き込み、毎日を豊かにすること。マツダは、細部にまでこだわりながらドライバーが生命を実感できるクルマづくりを追求しています。

マツダFeel Alive – 日本の匠の技

日本の匠の技

熟練した職人は、数十年という歳月をかけて自身の技を磨き、その技を一台一台のクルマに反映させます。そのクルマづくりに注ぐエネルギーと情熱は、人の手によってのみ生み出されるものです。

詳細

人間中心のクルマづくり

マツダは人体のしくみと動きについて丹念に研究し、
すべての要素をドライバーを中心にデザインしています。

詳細

Feel Alive®

マツダFeel Alive – 匠の技が光るデザイン

匠の技が光るデザイン

美しさにどこまでもこだわった結果、デザイナーたちは日本の美意識を反映した、人の心を惹きつけるシンプルさを実現しました。

詳細

Feel Alive®

職人技

感覚を重視した設計

一新されたスタンダード