「魂動」のストーリー

デザインに命を吹き込む

ただの金属板を生命感を持つカタチに変えるこのデザインテーマ「魂動:Soul of Motion」は、すべてのマツダ車を支えるインスピレーション。もちろん、Mazda6もその例外ではありません。シンプルでありながらダイナミックなラインは、そのエネルギーや動きを表現しています。静止していても感じられる生命感。

目に見える良さ

前を走るドライバーにもMazda6の動きが…

2017.5 Mazda 6サイドミラー

目に見える良さ

前を走るドライバーにもMazda6の動きが分かりやすいよう、サイドミラーにウィンカーランプを内蔵。傾斜したミラーのラインによる流れるような輪郭。大きな違いを生む小さなディテール。それが存分に活かされたスタイリッシュな中型セダンです。

ホイールを刷新

華麗でダイナミックなデザインのホイールが…

ホイールを刷新

華麗でダイナミックなデザインのホイールがパフォーマンス性も備えていることは残念ながら稀です。しかし当社はMazda6の設計にあたり、妥協を許さずその限界に挑戦しました。テストし、不採用となったデザインは20種類以上。そうした過程を経て、美しさと強さ、軽さを兼ね備えたホイールが誕生したのです。

発想力豊かなデザイン

大胆な力強さを印象づけるMazda6…

発想力豊かなデザイン

大胆な力強さを印象づけるMazda6。グランドツーリングモデルではフロントグリルにドラマチックなシグネチャーライトアクセントを加えました。

内なる平穏

Mazda6スポーツセダンのキャビンには、大型のセンターコンソールのほか、Mazda6のレザートリムスポーツシートが映えるつややかなダッシュボードと計器パネルが備わり、洗練された空間を演出しています。 

プレミアム級の心地よさ

選べる高級ナッパレザーシート

実感できるディテール

エレガントなステアリングのデザイン

妥協を許さないドライブ

マツダでは、燃費性能のためにパフォーマンスを犠牲にすることは決してありません。だからこそSKYACTIV®技術という、ドライバーの自信とワンランク上の走り心地を生み出すユニークな工学的アプローチを取り入れ、その両方を強化しました。高速のEPA推定燃費はなんと35MPG1。それがSKYACTIV技術の力なのです。

SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICSの第一弾、G-ベクタリング コントロール

マツダの最新技術、「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」…

SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICSの第一弾、G-ベクタリング コントロール

マツダの最新技術、「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾であるG-ベクタリング コントロールが、よりスムーズで快適な乗り心地を実現します。この革新的な車両動作制御システムが、活き活きとした走りを支えます。コーナリングの際、コーナーに入ってから抜けるまで、ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを調節。また四輪への接地荷重を最適化し、スムーズな車両挙動を実現します。わずかな変化がもたらす乗り心地の差は絶大です。ここまで詳しく説明するのには、理由があります。「走る歓び」を追求するには、細部にわたるこだわりが大切だと信じるからです。

詳細はこちら

優れた燃費性能

SKYACTIV®技術は、マツダのクルマづくりに対する統合的な…

優れた燃費性能

SKYACTIV®技術は、マツダのクルマづくりに対する統合的なアプローチです。そのプロセスは複雑ですが、コンセプトはシンプル。設計のあらゆる段階で、燃料の消費を抑えつつドライビングダイナミクスを高めることを目標としています。高速のEPA推定ガロン当たり燃費は最高で35 MPG2。より長い距離のドライブを、止まることなく楽しめます。

MAZDA CONNECT™インフォテイメント

すべてのMazda6に標準装備されているMAZDA CONNECT™3インフォテイメントシステムは、インフォメーションとエンターテイメントの機能を提供し、クルマを外界とのコミュニケーションツールにします。センターコンソールにある多機能コマンダーコントロール、あるいはフルカラーのタッチパネルディスプレイを使うだけで、様々な操作を素早く直観的に行うことができます。 

BOSE® 11スピーカーサラウンドサウンドシステム

最高のドライビング体験には音の歓びも必要…

BOSE® 11スピーカーサラウンドサウンドシステム

最高のドライビング体験には音の歓びも必要。 そのために、Mazda6にはBose®サラウンドサウンドオーディオシステムを採用しました。CD、MP3機器、ラジオ放送、そしてSiriusXM Satellite Radio(オプション)まで、幅広い音源に対応しているだけでなく、11つのスピーカーからのクリアなサウンドを楽しめます。4

交通標識認識システム

オプションの交通標識認識システム…

交通標識認識システム

オプションの交通標識認識システム5は、計算された位置に取り付けられたカメラが制限速度や進入禁止などの交通標識を認識して読み取ります。その情報はアクティブドライビングディスプレイに表示され、ドライバーは前方を見たまま必要な標識の情報を知ることができます。  

アドバンスト・ブラインド・スポット・モニタリング

すべてのMazda6に標準装備されているアドバンスト・…

2017.5 Mazda 6 – アドバンスト・ブラインド・スポット・モニタリング

アドバンスト・ブラインド・スポット・モニタリング

すべてのMazda6に標準装備されているアドバンスト・ブラインド・スポット・モニタリング6は、死角にあって見えない物体を検知すると、チャイムとサイドミラーの警告ライトでドライバーに知らせます。 また、接近中の車が死角に入る可能性がある場合も検知して知らせます。

ドライバーの自信を支える技術

i-ACTIVSENSE®8の革新的な安全技術は、高度な技術を駆使して行く手にある危険をドライバーに気付かせ、衝突を回避またはその程度を軽減することで安全運転をサポートします。これも、安全と「走る歓び」を両立するためのマツダの工夫です。

2017.5 Mazda 6安全性能

ハイ・ビーム・コントロール

ハイ・ビーム・コントロールは、ハイビームを最大限に使用することで夜間の視認性を高め、ドライバーをサポートします。対向車や先行車を検知すると、自動的にロービームに切り替えます。 

リア・クロス・トラフィック・アラート

後退時、標準装備のリア・クロス・トラフィック・アラート6が左右から接近する車両を検知し、すぐさま警報音で警告。検知した側のサイドミラーとディスプレイ画面にも警告が表示されます。

車線逸脱警報システム

37mph以上で走行中、車線逸脱警報システム9は、車両が無意識に車線を踏み越えそうであると判断すると、警報音と警告の表示でドライバーに知らせます。

レーン・キープ・アシスト

レーン・キープ・アシスト10は、車線逸脱警報システムの付加機能です。無意識な車線逸脱を検知すると、車両を車線の中央に戻すようにステアリングを微修正します。

アダプティブ・フロントライティング・システム搭載LEDヘッドライト

夜間でも曲がり角の先が見やすいようにサポートするシステムです。コーナー走行時にヘッドライトが最大15度まで傾いて進行方向を照らし、行く手にある危険を察知できるよう視界を向上させます。 

アドバンスト・ブラインド・スポット・モニタリング

標準装備のアドバンスト・ブラインド・スポット・モニタリング6は、死角にあって見えない物体を検知すると、チャイムとサイドミラーの警告ライトでドライバーに知らせます。 また、接近中の車が死角に入る可能性がある場合も検知して知らせます。 

スマート・シティ・ブレーキ・サポート

約2~18mphで走行中、スマート・シティ・ブレーキ・サポート11(オプション)が前方の障害物を検知し、ブレーキパッドをディスクに近づけておくことで衝突回避に備えます。 ドライバーが操作を行わなかった場合には、自動ブレーキがかかります。 

スマート・ブレーキ・サポート

10mph以上で走行中、スマート・ブレーキ・サポート12(オプション)が前方の障害物を検知し、即座のブレーキ操作が必要と判断した場合に警告が作動します。ドライバーがブレーキ操作を行わなかった場合には、自動的にブレーキがかかります。 

車間認知支援システム

速度が19mphを超えると、車間認知支援システム13が前方車との車間距離を計測し、適正な車間距離を表示します。適正な車間距離よりも前方車に近づきすぎた場合、警告ライトが点灯して知らせます。 

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール14は、先行車との速度差や車間距離を認識し、先行車との安全な車間を維持しながら追従走行を可能にします。 先行車に急速に接近すると、警報が作動します。

交通標識認識システム

オプションの交通標識認識システム5は、計算された位置に取り付けられたカメラが制限速度や進入禁止などの交通標識を認識して読み取ります。その情報はアクティブドライビングディスプレイに表示され、ドライバーは前方を見たまま必要な標識の情報を知ることができます。

写真はイメージです。7