2018 MAZDA MX-5 MIATA RF

魅力に浸る

2018

Mazda MX-5 Miata RF

2018 Mazda MX-5 Miata RFハードトップ コンバーチブル

MAZDA MX-5 MIATA RFトリム

スタイルを選ぶ

2018 Mazda MX-5 Miata RFクラブ 2018 Mazda MX-5 Miata RFクラブ

クラブ

$31,9102

17インチダークガンメタル合金製ホイール
Bilstein®ショックアブソーバー3

2018 Mazda MX-5 Miata RFグランドツーリング 2018 Mazda MX-5 Miata RFグランドツーリング

グランドツーリング

$32,7504

アダプティブ・フロントライティング・システム
レザートリムシートヒーター

  • 35

    EPA-EST HWY MPG 1

    HWY 1

    35

    EPA-EST HWY MPG 1

    HWY 1

  • 155

    馬力

    HP

    155

    馬力

    HP

  • 2.0L

    エンジン

    エンジン

    2.0L

    エンジン

    エンジン

  • 148

    トルクLB-FT

    トルク

    148

    トルクLB-FT

    トルク

  • マシングレーメタリック | 追加料金$300
  • ソウルレッドクリスタルメタリック | 追加料金$595
  • スノーフレークホワイトパール | 追加料金$200
  • アークティックホワイト
  • セラミックメタリック
  • エターナルブルーマイカ
  • ジェットブラックマイカ
マシングレーメタリック | 追加料金$300
ソウルレッドクリスタルメタリック | 追加料金$595
スノーフレークホワイトパール | 追加料金$200
アークティックホワイト
セラミックメタリック
エターナルブルーマイカ
ジェットブラックマイカ

                クルマをクリック&ドラッグ

                • ブラッククロス/レッドステッチ
                • ブラックレザー、アクセントに赤のステッチ
                • スポーツタンレザー
                • オーバーンナッパレザー| 追加料金$300
                ブラッククロス/レッドステッチ
                ブラックレザー、アクセントに赤のステッチ
                スポーツタンレザー
                オーバーンナッパレザー| 追加料金$300

                リトラクタブルトハードトップ

                心を揺さぶるスタイル

                フォールディングファブリックトップがやっと入るくらいのスペースに頑丈なハードトップを収納するのは、大きなジョッキの水を小さな容器に移すのと同じくらい簡単なことではありません。しかしこれを、マツダのエンジニアがMX-5 RFで実現しました。いくつかの方法(ルーフを7つのパーツに分けるというドラマチックなアイデアもありました)を考慮した後、エンジニア達は機能的かつ美しいソリューションにたどり着きました。最終的に、オープンエアとキャビンの安全の微妙な動きを完璧にして、たった13秒で収納することに成功しました。

                詳細はこちら
                • エンジニアリング

                  完璧なフィット

                  フォールディングファブリックトップがやっと入るくらいの...

                  デザイン

                  トップを開け放ち、期待を超える走りを。

                  マツダの熱意溢れるエンジニアチームは、美しく...

                  エンジニアリング

                  ミリメートル単位の細心のこだわり

                  複雑な折り畳み式ルーフの設計は...

                  Mazda Spirit

                  「人馬一体」の走り

                  標的に向かって馬を走らせる…

                • デザイン

                  トップを開け放ち、期待を超える走りを。

                  マツダの熱意溢れるエンジニアチームは、美しく...

                  デザイン

                  心をかき立てる巧みな設計

                  マツダの「魂動:Soul of Motion」デザインを…

                  デザイン

                  乗る人を考慮して作られたキャビン

                  キャビンを設計するにあたり… 

                  デザイン

                  匠の職人技

                  日本では、その分野においてある程度の…

                • エンジニアリング

                  完璧なフィット

                  フォールディングファブリックトップがやっと入るくらいの...

                  エンジニアリング

                  ミリメートル単位の細心のこだわり

                  複雑な折り畳み式ルーフの設計は...

                  エンジニアリング

                  小型設計、軽量、機敏性。

                  MX-5 RFのひときわ目立つ特徴の1つが…

                  エンジニアリング

                  シェイプアップ

                  アルミニウム製のパワープラントフレームで…

                • Mazda Spirit

                  「人馬一体」の走り

                  標的に向かって馬を走らせる…

                  Mazda Spirit

                  運転を楽しむ

                  マツダの唯一の最も大きな目標は…

                  Mazda Spirit

                  デザインに命を吹き込む

                  クレイモデラーが、マツダのデザイン…

                  Feel Alive

                  走る歓びを追求 

                  マツダでは、躍動感を味わってもらうために…

                完璧なフィット

                フォールディングファブリックトップがやっと入るくらいのスペースに頑丈なハードトップを収納するには、どうすればいいでしょうか?いくつかの方法(ルーフを7つのパーツに分けるというドラマチックなアイデアもありました)を考慮した後、マツダの果敢なエンジニア達は機能的かつ美しいソリューションにたどり着きました。旧世代のハードトップ構造を採用しながら、可能な限り頑丈にするため、各結合部分を再設計したのです。その結果、静音で効率的なメカニズムが完成しました。

                トップを開け放ち、期待を超える走りを。

                マツダの熱意溢れるエンジニアチームは、美しくかつ機能的なファーストバックルーフを生み出すためにたゆまぬ努力を重ねました。それは、ロードスターのスタイリッシュで神秘的なシルエットを引き立せながら、素早くエレガントに動くルーフでなければならなかったのです。何度も試行錯誤した結果、チームは約13秒でスムーズに動作する、真に革新的な電動折り畳み式ファーストバックルーフの開発に成功しました。

                ミリメートル単位の細心のこだわり

                複雑な折り畳み式ルーフの設計は簡単な作業ではありません。何十人というエンジニアが途方もない時間をかけてこのメカニズムに改良を加えたものの、 完璧なものにはたどり着けませんでした。そしてついに、チームの1人が解決策を見出したのです。それは、デザインの美しさを保つため、コンポーネントを70ミリメートル移動させることでした。エンジニアの観点からすれば、これは非常に長い距離です。しかしながら、ルーフが折り畳まれる時のスピードと優雅さを考えれば、労力を費やすだけの価値があるものでした。

                「人馬一体」の走り

                標的に向かって馬を走らせる弓の射手を想像してみてください。その呼吸は馬の足取りと完全に調和し、 射手が弓を引くと、馬も動きを安定させます。的に命中。この馬と射手との関係性は「人馬一体」と呼ばれ、日本では900年の歴史ある伝統ですが、マツダにとってはまさに今、非常に重要な言葉です。マツダでは、このつながりをすべての車両の設計に組み込むべく尽力しています。真にドライバーを考慮して設計されたMX-5 RFも、もちろん例外ではありません。

                トップを開け放ち、期待を超える走りを。

                マツダの熱意溢れるエンジニアチームは、美しくかつ機能的なファーストバックルーフを生み出すためにたゆまぬ努力を重ねました。それは、ロードスターのスタイリッシュで神秘的なシルエットを引き立せながら、素早くエレガントに動くルーフでなければならなかったのです。何度も試行錯誤した結果、チームは約13秒でスムーズに動作する、真に革新的な電動折り畳み式ファーストバックルーフの開発に成功しました。  

                心をかき立てる巧みな設計

                マツダの「魂動:Soul of Motion」デザインは、視覚的な意味を持つだけではありません。信念のシステムです。マツダの職人の信念は、「心を込めて作れば、作るものすべてに魂が込められる」というシンプルなもの。すべての動作に確かな目的があるのはそのためです。ライン、エッジ、輪郭のすべてにおいて、たまたまその形になったというものはありません。エクステリアとインテリアを流れるようにつなげ、たとえ止まっているときでも躍動感を伝えられる完成品を表現できるよう目指しています。  

                乗る人を考慮して作られたキャビン

                Mazda MX-5 Miata RFを設計するにあたり、
                キャビンをエクステリアと同じく美しいものにしなければならないことはわかっていました。また、運転にワクワク感を呼び起こすものである必要がありました。そこでマツダでは、運転を向上させるため、あらゆる細部を意図的に配置するようにしました。計器パネルからシフトノブにいたるまで、ドライバーがより直観的に操作できるようすべての配置に気を配りました。これもすべて、ドライバーが安全と「走る歓び」を両立するための工夫です。

                匠の職人技

                日本では、その分野においてある程度の専門知識を習得した人を、「匠」または「名人」と呼んでいます。マツダの匠は、すべてのデザインに自分の魂を込めています。なぜなら、人の心が込められたものだけが、真に人の心を揺さぶることができるからです。ドライバーが車に乗ってつながりを感じた時に、匠のデザインに対する情熱が現実のものとなります。

                完璧なフィット

                フォールディングファブリックトップがやっと入るくらいのスペースに頑丈なハードトップを収納するには、どうすればいいでしょうか?いくつかの方法(ルーフを7つのパーツに分けるというドラマチックなアイデアもありました)を考慮した後、マツダの果敢なエンジニア達は機能的かつ美しいソリューションにたどり着きました。旧世代のハードトップ構造を採用しながら、可能な限り頑丈にするため、各結合部分を再設計したのです。その結果、静音で効率的なメカニズムが完成しました。 

                ミリメートル単位の細心のこだわり

                複雑な折り畳み式ルーフの設計は簡単な作業ではありません。何十人というエンジニアが途方もない時間をかけてこのメカニズムに改良を加えたものの、 完璧なものにはたどり着けませんでした。そしてついに、チームの1人が解決策を見出したのです。それは、デザインの美しさを保つため、コンポーネントを70ミリメートル移動させることでした。エンジニアの観点からすれば、これは非常に長い距離です。しかしながら、ルーフが折り畳まれる時のスピードと優雅さを考えれば、労力を費やすだけの価値があるものでした。

                小型設計、軽量、機敏性。

                MX-5 RFのひときわ際立つ特徴の1つが6速マニュアルです。小型設計で軽量ながらも、ドライバーが好む短い切替距離が保たれています。カーブの多い道でもまっすぐな道でも、MX-5 RFのトランスミッションは軽々とこなせる楽しい運転を保証します。

                シェイプアップ

                アルミニウム製のパワープラントフレームで、前世代のMX-5と比べて20パーセント近い軽量化に成功しました。より車とつながった、反応の良いドライブを運転するたびにお楽しみください。 

                「人馬一体」の走り

                標的に向かって馬を走らせる弓の射手を想像してみてください。その呼吸は馬の足取りと完全に調和し、 射手が弓を引くと、馬も動きを安定させます。的に命中。この馬と射手との関係性は「人馬一体」と呼ばれ、日本では900年の歴史ある伝統ですが、マツダにとってはまさに今、非常に重要な言葉です。マツダでは、このつながりをすべての車両の設計に組み込むべく尽力しています。真剣にドライバーを考慮して設計された車であり、RFも例外ではありません。

                運転を楽しむ

                マツダの唯一の最も大きな目標は、人々に喜びをもたらすクルマづくりです。乗る前よりも、降りた後により気分が良くなる車です。マツダでは、車に乗るたびにリフレッシュでき、爽快な気持ちになれるべきだと考えています。カーブの多い道やまっすぐな坂道だけでなく、通勤や用を足すための運転の時でもです。すべてがドライバーが笑顔になれることを考えて設計されています。

                デザインに命を吹き込む

                クレイモデラーが、マツダのデザイン工程の要です。彼らの手によって、単純なスケッチが3-Dモデルへと変貌を遂げます。アーティスト全員が、作るものすべてに情熱を注ぎ、一つひとつのモデルに魂を込めています。モデルづくりの職人たちは続いてデジタルモデラーと力を合わせ、一つひとつの作品を技巧を凝らして強化します。 

                走る歓びを追求 

                マツダでは、躍動感を味わってもらうために何ができるかという視点を通して、技術、デザイン、安全性能にアプローチしています。当社では、人々につながりを感じさせる反応の高いドライブを設計しています。マツダの設計するキャビンは直感的で、ドライバーを重視しています。また、運転中により安心を提供する安全性能技術も作り出しています。そして、これらはすべて運転中の高揚感をより高めるためのものです。 

                受賞歴&評価

                最高のさらにその上へ

                「待ちに待った待望のファーストバック車がさらに向上している。」

                - カー・アンド・ドライバー誌 | 2016年3月

                MX-5 RFのレビューはこちら
                受賞歴&評価

                最高のさらにその上へ

                「待ちに待った待望のファーストバック車がさらに向上している。」

                - カー・アンド・ドライバー誌 | 2016年3月

                MX-5 RFのレビューはこちら

                受け継がれる個性

                MX-5の歴史

                4世代にわたり、MX-5は本格的な軽量スポーツカーであり続けています。魅力的なオープンエアのドライビングスタイルは世界100万人以上の人々に愛されており、MX-5は史上に残るロードスターのベストセラーです。 

                第1世代

                モデル NA 1989-1997

                • 1989年2月10日にシカゴオートショーでデビュー。
                • 短いまっすぐなシフトによりギア変更が容易に。
                • 丸いテールランプがおなじみのデザインに。
                1989

                第2世代

                モデル NB 1998-2004

                • エンジン出力を少し強化。
                • ソフトトップにリアウィンドウのガラスを含める。
                • 重いポップアップを新しいヘッドライトに変更。
                1998

                第3世代

                モデル NC 2005-2014

                • 2000年、MX-5が世界で最も売れている二人乗りスポーツカーに認定。
                • より高級感が味わえるステアリングコントロールを導入。
                • 2005年の発表時に日本カー・オブ・ザ・イヤーアワードを受賞。
                2005

                第3世代

                電動式リトラクタブルハードトップ

                • 電動式リトラクタブルハードトップを導入。
                • ポリカーボネート製のルーフで開閉にかかる時間は12秒。
                • 2008年のデザイン変更ではグリルが大きくなり、ヘッドライトとフォグランプを刷新。
                2007

                第4世代

                モデル ND REVEALED 2014

                • デザインが大きく変わり、新しい方向へ。
                • 車両重量を148lbs以上も軽減。
                • 丸いテールランプなどMX-5の伝統となっている細部のデザインはそのままに。
                2014

                第4世代

                2017 MAZDA MX-5 MIATA RF

                • 格納式ファーストバックルーフが登場。
                • ソフトトップと同じドライビングダイナミクスを提供。
                • おなじみのマシン グレーメタリック塗装で発売。
                2016

                お好みのMX-5をデザイン
                Miata RF

                Mazda MX-5 Miata RFのお好きなカラーとオプションをお選びください。

                クルマを選ぶ

                スペシャルオファー

                大胆なMazda MX-5 Miata RFのスペシャルオファーをご覧ください。

                スペシャルオファー

                在庫検索

                お近くのディーラーの2018 Mazda MX-5 Miata RFの在庫を検索できます。

                在庫検索

                見積り依頼

                新しい2018 Mazda MX-5 Miata RFの見積りをご依頼いただけます。

                見積り依頼