未来のドライビングを形作る

マツダのイノベーション

あらゆる面でドライバーを支える

マツダでは、走りとそれによってドライバーがどう感じるかにこだわります。運転とは単にクルマの操作をする以上の、もっと奥深いものだと知っているからです。触り心地や乗り心地。クルマはドライバーの操作に正確に反応するだけでなく、どのシステムも直感的に操作でき、クルマとの一体感と自信を提供し、ワンランク上のドライビング体験を通して高揚感を与えるものであるべき、とマツダは考えます。それがマツダなのです。

MAZDA SKYACTIV®技術

システムは個々の構成要素が連携して機能するよう設計されるとき、最大の能力を発揮します。Mazda SKYACTIV® 技術誕生の裏には、このようなシンプルな考え方があります。エンジンが高効率であるだけでなく、 それは最高の走りにつながるのです。

SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS

マツダの動力技術、SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICSのG-ベクタリング コントロールが、よりスムーズで快適な乗り心地を実現します。 この革新的な車両動作制御システムが、活き活きとした走りを支えます。コーナリングの際、コーナーに入ってから抜けるまで、ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを調節。また四輪への接地荷重を最適化し、スムーズな車両挙動を実現します。わずかな変化がもたらす乗り心地の差は絶大です。ここまで詳しく説明するのには、理由があります。「走る歓び」を追求するには、細部にわたるこだわりが大切だと信じるからです。

詳細はこちら

運転への自信が高まる

i-ACTIVSENSE®

i-ACTIVSENSE® とは、マツダ車が搭載する先進安全技術の総称です。安全への積極的な取り組みであるi-ACTIVSENSEは、ミリ波レーダーやカメラを駆使し、ドライバーが運転に集中しながら 常に周囲の状況を把握できるようにします。常にシステムが作動して行く手にある危険を知らせてくれるという安心感から、ドライバーは最大限に「走る歓び」を満喫できます。

詳細はこちら

i-ACTIV AWD®

前輪スリップを予兆検知するi-ACTIVE AWD®システムが、天候や路面状況を問わず最適なトラクションを確保するため、ドライバーは自信をもって運転に集中できます。このシステムを装備したクルマは、ドライバーの意図と路面状況と走行状況を多くのセンサーで正確に検知します。その情報を元にAWD走行の必要性を予測してパワーの伝達を調整します。 

環境を重視したイノベーション

 環境はすべての人々にとっての課題です。人馬一体の走りを目指すとき、私たちの美しい地球を犠牲にするようなことがあってはなりません。マツダは環境への影響を常に配慮しています。米国環境保護庁発表の報告書によると、2018年1月現在、マツダ車はどの主要自動車メーカーにもよりも高い燃費性能を5年連続(2012年〜2016年)で達成しており、私たちはそのことを大変誇りに思っています。1

エネルギーの回生

i-ELOOP

ブレーキを踏んだときの減速エネルギー(運動エネルギー)は、熱となって消えます。つまり、そのエネルギーは無駄になっているのです。一部モデル2に搭載可能な i-ELOOP減速エネルギー回生システムは、減速時に発生するこの運動エネルギーを電力に変換することで、この問題を解決します。エネルギーに変換された電気はクルマのヘッドライトやエアコン、オーディオシステムなど、様々な電装部品の電力として用いることができます。つまり、エンジンへの負担が減り燃費効率が向上します。

人とクルマ、そして外の世界とつながる。

人とクルマの絆を深めるには、ドライビングダイナミクスのさらに先を行くアイデアが必要です。全てがつながるこの時代、クルマはコミュニケーションツールとしても機能するようになりました。マツダはここにドライビング体験を向上させる新たなチャンスを見いだしました。MAZDA CONNECT™は、必要な情報や多彩なメディアにアクセスすることができる次世代型コネクティビティシステムです。3

デザイン

マツダは、人間中心のクルマづくりを追究しています。

安全性能

マツダの安全技術への包括的アプローチをご覧ください。