マツダの安全性能

安心の運転で優れた走り

マツダ5車種がトップセーフティピックプラス評価を獲得

当社のエンジニアは道路で最も目を惹き、高揚感を与えてくれ、安全に走行できるクルマを生み出すために絶え間ない努力を重ねています。そして今、非常に特別な理由で彼らを称賛したいと思います。Mazda CX-5が2017年度IIHSトップセーフティピックプラスに選ばれました。これは独立した組織としては最高の安全評価となります。実際、CX-5は2012年以降毎年IIHSから最高の評価を得ています。そして今年、IIHSが試験した2017マツダ車のすべてがトップセーフティピックプラスの評価を受けました1(スマート・シティ・ブレーキ・サポートおよびアダプティブ・フロントライティング・システム搭載モデル)。

評価&受賞歴はこちら

i-ACTIVSENSE®

安全へのアクティブなアプローチであるi-ACTIVSENSE®では、ミリウェーブレーダーやカメラを駆使して、 ドライバーが道路に集中した状態を保ちながら周囲を常に把握できるようにします。これらの利用可能なシステムが絶えず動作して、潜在的な危険を警告し、衝突を避け、やむを得ない状況でも重大度を軽減することが大きな自信となり、ドライブを楽しむことができます。2ここでも、クルマとドライバーの一体感を作る人馬一体のコンセプトが現れています。 

アクティブ安全技術

アクティブ安全技術は、視覚的および聴覚的な警告により、危険を予測し回避するドライバーの能力を支援することで、事故防止をサポートします。

ドライバーが最も大切なものに集中できるよう、当社は安全性能に重点を置いています。

衝突前の安全技術

衝突前の安全技術は、衝突が避けられなくなった場合にその重大度を軽減するのに役立ちます。

パッシブ安全技術

これらの技術は、乗車中の人々を保護して、衝突の際の損傷を軽減するのに役立ちます。頑丈なSKYACTIV®ボディリング構造、プリテンショナーおよびロードリミッター付きシートベルト、侵入防止ブレーキペダル、SRSエアバッグシステム3など様々な機能が含まれています。

インテリジェントトランスポートシステム

人の命を救う安全技術への投資を続けながら、当社は常に交通事故が発生しない世の中を実現するという非常に高い目標を掲げています。この技術に25年以上にわたり研究と投資を行った結果、インテリジェントトランスポートシステム(ITS)でこれを実現することができると考えています。ITSは、歩行者や他のクルマの位置に関する情報を受送信した後に、それをドライバーに伝えることで、事故や渋滞を軽減します。まだ実用化はされていませんが、いつか事故が過去のものとなる日を目指して、引き続きこの技術への投資を続けます。

デザイン

マツダは、人間中心のクルマづくりを追究しています。

イノベーション

マツダの技術がクルマとドライバーとの一体感を形成します。